« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

海ほたる

土日でお見舞いに帰った。

帰りに、初めて「海ほたる」にクルマを止めた。

これまで東京湾横断道路は、数十回と往復しているが、

一度も海ほたるに寄ったことはない。

いつも素通りであった。

あまりにも空が快晴であったので、木更津側から

走っていて途中、海がすごく青かった。

いつもまったく寄る気にはなれないのだが、

海ほたるの2キロ手前まで来て、

急に寄っていこうと思った。

海ほたるの4階まで上がってみると、

まさに豪華客船のデッキから海を見渡しているような

感覚だと思った。

海は広いんだな!と単純に思った。

デッキで10分ほど風に当たりながら眺めた。

なんだか、スッキリしてその後スイスイ帰れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

ひと仕事終えた感覚

今朝、私の2冊目の著書となる書籍の

「まえがき」部分を出版社様にメールした。

ひと仕事を終えたという気持ちで、すがすがしい気分だ。

今回も出版社様には大変お世話になったし、

また編集長さまには、大変お手数をお掛けしてしまった。

著者としては、まだまだだなと思うことばかりであった。

でも、取り合えずは精一杯やったと思う。

後は、出版社様にご迷惑がかかってしまうことの

無いように、そこそこ売れてくれることを

願うばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

二度目の腱鞘炎

今日、突き指だと思っていた右手を、

整形外科に行って診てもらった。

レントゲンで見たら「腱鞘炎」になっているとのこと。

また腱鞘炎!

4年前にも右手首が腱鞘炎になってしまい、

箸が持てない状態になったっけ。

突き指にしては3ヶ月間も痛いので、

どうもおかしいと思ったが・・。

年を取ったせいで、すぐに腱鞘炎に

なってしまうのだろうか。

またあの太い注射を打たれるのか、

と思うと・・。

今度は指に打つことになるので、

相当痛いだろうなあ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

初秋の尾瀬散策

本日、朝早く出て、尾瀬に行ってきた。

夏の尾瀬には過去5回行っているが、秋は初めてだった。

夏の青々とした尾瀬は知っているが、

秋の尾瀬は、どんなだろうと、ちょっとワクワクだった。

秋の尾瀬は、草原が薄茶色の高原状態になっていた。

真っ直ぐに目の前に続いていく「木道」。

左右に広がる薄茶色の草景色。

今日はハイカーも少なくて、わたしの前には

誰も見えなかった。

その「木道」を歩いていると、ふと、頭に浮かんだことが

あった。

「死んだら、こんな風景の中を独りで歩いていくのだろう」

なんと、ぶっそうなことが浮かんだのだろう。

でも、秋の尾瀬の、荒涼として、これから冬を迎えるという

なんとも言えない感覚が、そんな思いを発想させたのだろう。

夏とは異なり、ちょっと寂しい感じだった。

それでも、周囲の山々に目をやれば、

既に「紅葉」は始まっていた。

久しぶりに自然の真っ只中を、

ゆっくりと歩きながら考える時間が持てた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

上弦の三日月

昨日の夜の三日月は良かった!

地平線から、約10度あたりの位置に、

美しいオレンジ色で現れていた。

しかも、異常に大きかった。

月は地平線に近い位置にあると、

とても大きく見えるものだが、

三日月があんなにおおきく見えたのは

おそらく初めての体験だと思う。

(覚えている限りでは・・)

あまりに、大きい三日月で、しかも

オレンジ色だったことから、

思わず、またなにか大きな災害の

前触れではないのかと、

心配になってしまった。

それほど、普段はなかなか見ることが無いような

三日月だった。

月はいつ観ても、

何かしら感じてしまうものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »