« 夢を持つということは | トップページ | モスラ対ゴジラ »

2012年6月24日 (日)

モチベーションの素

人間のモチベーションを支えているのは、

モチベーションホルモンだそうだ。

正しくは、「甲状腺刺激放出ホルモン」(TRH)と呼ぶ。

私たちのモチベーションが上がっている時には、

盛んに放出されているのである。

このTRHホルモンは、まず脳の前頭連合野から放出され、

それが脳の側座核へ作用し、さらに海馬に移り、

さらに篇桃核に作用し、さらに視床下部という経路で

伝達される。

このTRHホルモンは、「楽しさ、好奇心、報酬」という要素の

度合いによって分泌量が増加する。

そしてこのTRHホルモンが快感物質であるドーパミンを

分泌させる。すると私たちは、「好奇心、楽しさ、創造意欲」などを

強く感じるのだ。

このドーパミンが直接的に知的好奇心の素になる。

これらのホルモン類はいずれも朝に最も、

血中濃度が上がるそうだ。

なぜなら、これらのホルモン類は、

睡眠をとることによって脳内で生成されるからである。

つまりは、適度な睡眠は欠かせないということだ。

|

« 夢を持つということは | トップページ | モスラ対ゴジラ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/45831791

この記事へのトラックバック一覧です: モチベーションの素:

« 夢を持つということは | トップページ | モスラ対ゴジラ »