« 脳を退屈させない | トップページ | こころのかさぶた »

2012年5月 4日 (金)

脳の健康を保つ

<茂木健一郎 著『忘れるだけでうまくいく 脳と心の整理術』より>

音楽を聴くのもお勧めです。音が流れてきた瞬間、気分はパツと変わります。

様様なジャンルの音楽をその日の気分で替えていくことで、音楽を聴くという同じ行動の中でも、気分を変えることができます。

また、最近ではコンピュータを使って簡単に自分で音楽をつくれるようになってきていますので、それらを使って自分で音楽をつくってみるのも面白いと思います。

たとえばアップルが開発・発売しているGarageBand(ガレージバンド)という初心者向きの音楽制作ソフトでは、楽器を練習したり、作曲したり、レコーディングを行うこともできます。その他にも、音声や動画、静止画などを組み合わせたマルチメディアタイトルを制作するためのソフトも充実しています。



 今の時代は、かつてのように本を読んだり音楽を聴いたりという受動型の方法ばかりではなく、自ら音楽や動画を制作するなどの能動的な方法を使って、自分で楽しみをつくることができるようになっていますが、人と関わることでもネオフィリアを満足させることはできます。

たとえば人との会話は退屈することがありません。会話とは常に未完成で、そこから未知の要素を見出せるからです。

 もし、誰かと話していて退屈だと感じるとすれば、それは相手があなたに対して、ある一面しか見せていないからでしょう。

その一面だけで付き合っていれば退屈してしまうかもしれませんが、どんな人でも絶対に奥行きと広がりを持っているものです。

その奥行きと広がりをつかめるような会話をこちらが繰り出すことができれば、誰と話していても興味深い時間を過ごすことはできます。

 脳は退屈するとどうしても、考えなくてもいいようなネガティブなことを考えてしまう癖があります。

退屈しないように生きていくことで、脳を健康に保つこともできるのです。



<茂木健一郎 著『忘れるだけでうまくいく 脳と心の整理術』より>

|

« 脳を退屈させない | トップページ | こころのかさぶた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/45126819

この記事へのトラックバック一覧です: 脳の健康を保つ:

« 脳を退屈させない | トップページ | こころのかさぶた »