« 身体はエネルギーの澱み | トップページ | 頭の切り替えは多様であるほど強みになる »

2012年5月 3日 (木)

自己肯定感は感謝することで高まっていく

自分自身を肯定的に捉える考え方、

自己肯定感は大切である。

自己肯定感が低いと悲観的になりやすくなるという。

さらにそういう自分に焦る気持ちも併発するそうだ。

人間関係においては被害妄想的な感情も出てくるそうだ。

周囲の何気ない話し声や笑う表情に対して邪推してしまうという。

それは八つ当たりや逃避行動に出る。

周囲からの信頼感を失い、自らは飲酒や過食行動、さらに

購買行動に固執するようになるそうだ。

さらにこのような行動状態が数年間も続くと、なんと性格に

なってしまうという。こわいことだ。

わたしたちにとって自らの自己肯定感がいかに大切な感情で

あるかがよくわかる。

では自己肯定感が低いと思っている人はどうすればいいのか。

それは「感謝の感情」を持つことだという。

感謝する感情というのは人間にしかない感情である。

他人に対して感謝するというのではない。

この場合には、「自分自身」に対して「感謝」するのである。

例えば、自分に対して「どうもありがとう」、「ごめんなさいね」、

「許してね」と言うのである。

そうするだけで自身の潜在意識の中にある負の記憶を

浄化することができるのだそうだ。

そして次に、「周囲」に対して感謝する気持ちを持つということ。

他人に対するプラスの感情、思いやり、気づかいも、

感謝する気持ちを持つことができれば、

自然に湧いてくるものだからである。

やはり人間にとっては「感謝のこころ」というのは、

すごく大切なんだなあと再認識したところである。

|

« 身体はエネルギーの澱み | トップページ | 頭の切り替えは多様であるほど強みになる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/45120937

この記事へのトラックバック一覧です: 自己肯定感は感謝することで高まっていく:

« 身体はエネルギーの澱み | トップページ | 頭の切り替えは多様であるほど強みになる »