« 考えすぎない | トップページ | 身体はエネルギーの澱み »

2012年4月28日 (土)

視野狭窄

幼い頃、雨上がりに見えた虹にえらく感動した覚えがある。

目に入ってくるものはすべて刺激的だった。

初めて1人で自転車に乗って、

遠くまで出かけたとき、世界はとっても輝いていた。

しっかりとその時その時の世界を見ていたように思う。

大人になると、周りを見ているようで見ていない。

うつろになる。

視野狭窄を起こしているのだろう。

さまざまな思考、悩みや悔やみ、煩悩・・・

頭の中がこれでいっぱいになるのだ。

それが視野狭窄の根本原因だろう。

子どもの頃、ストレスってなんだろうと思ったことがある。

大人になるとストレスでお腹一杯になるとは考えなかった。

幼い頃の視界開放感、スッキリ感は無理にしても

いかばかりかの視野は広げていたい。

視野狭窄こそが大人の課題ではないだろうか。

|

« 考えすぎない | トップページ | 身体はエネルギーの澱み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/45053572

この記事へのトラックバック一覧です: 視野狭窄:

« 考えすぎない | トップページ | 身体はエネルギーの澱み »