« 思うがままにならないことは思うがままになりません。 | トップページ | 動的平衡 »

2011年8月 6日 (土)

原子爆弾投下を陸軍本部は知っていた・・

今日は衝撃的な番組を見た。

9:00からのNHKスペシャルだ。

なんと、当時の陸軍参謀本部は、広島に原子爆弾が

投下されることを事前に知っていたという事実だ。

テニアン空港から発信したB29が特殊爆弾(原子爆弾)を

積んで日本に向かっていることをつかんでいたという。

広島への投下3時間前にB29が飛び立ち、

日本に向かっていることを

陸軍参謀本部は知っていながら、

広島陸軍支部に広島市民への、

空襲警報発令の指示を出さなかったのだという。

さらに、広島に投下された爆弾が

原子爆弾であると確認されたにも拘わらず、

3日後に同じように長崎に向かっていたB29の

情報を再びつかんでいながら、

またしても空襲警報を出さなかったというのだ。

番組では6日の広島と9日の長崎において

原子爆弾が投下されることを陸軍参謀本部に

報告していた当時の担当将校の手記が

静かに朗読されていた。

また現在でも存命している別の関係将校は、

軍人として情けないし、申し訳ないと、

声を震わせながら、

カメラの前で語っていた。

原爆投下の後、軍部中枢からは、

原爆投下をつかんでいた関係資料は、

すべて焼却し細かい灰にしろと命令が出されたという。

番組の中で、

当時関係資料を焼却した担当将校は、

何日もかけて、自分たちの報告資料を

焼き続けたと語っていた。

情報をつかんだ時点ですぐに空襲警報を発令し、

市民が地下防空壕に避難していたら、

ほとんどの人々が助かっていただろうと言う。

見終わって、驚きとともに、

この番組は今後、相当な反響を呼ぶだろうと思った。

|

« 思うがままにならないことは思うがままになりません。 | トップページ | 動的平衡 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/41110171

この記事へのトラックバック一覧です: 原子爆弾投下を陸軍本部は知っていた・・:

« 思うがままにならないことは思うがままになりません。 | トップページ | 動的平衡 »