« 弱音を吐けないのは男の本能 | トップページ | その人が権威主義かどうか »

2011年3月23日 (水)

歳をとると、どうして意欲が無くなるのか

私たちは歳を取ると、

いつしか意欲が無くなっていくものだが、

いったいどうしてなのだろう。

それは仕方が無いものだと考えていたところ、

「感動する脳」(by茂木健一郎)を読んでいたら、

関連するところがあった。

一概に歳を取った人は意欲が無くなるとは

言えない。

中にはお年寄りになっても、生きる意欲に、

満ち溢れておられる方々も大勢おられる。

ではこの差はいったいどこから生まれてくるのか。

茂木氏は、その人の世界観に関わってくるからだという。

加齢にともなって、意欲が落ちていくのは、

それまでに体験や知識が多く蓄積されていくことで、

生きていく上での不確実性の要素が減っていくからだ、

という。

年齢を重ねるに従って、数多くの体験を重ね、

知識を蓄積していくことで、もうほとんどのことは

知ってしまったと思う。

そんな事柄が身の回りに増えていけばいくほど、

人は何に対しても興味が薄くなっていく。

新しいことや初めてのことをやってみようという

意欲がなくなっていく。

すなわち、その人の脳が、もうこれまでの体験で

十分ですと判断してしまう。

けれども、私たちは未来のことなど、何もわからないし、

実際、何も決まってはいないはずだ。

そんな感覚で新鮮な見方をしていく、

そうしていくことで意欲が湧いてくるはずである。

明日は今日と同じだし、何も世の中には知らないこともない。

それに知ったからといって、それがどれほどの意味が

あるのだろう。

そんな考え方でいたならば、しだいに脳の神経細胞も

死んでいってしまう。

なぜなら、新しいことを体験していく上で上手に乗り切る

ために脳が活性化していくからである。

必要性のなくなった組織は、

脳であれ足の筋肉であれ、細く少なくなっていく。

それが合理的に創られた私たち生き物のシステムだからだ。

けれども、よく考えたら、いくら歳を取ったとしても、

不確実なことはたくさん存在している、

厳密には明日は今日とまったく同じはずはない。

実際、何が起こるかわからないし・・

でもそんな不確実性を恐れるのではなくて、

逆に、楽しむというスタンスを取ると、

どんどん脳は活性化していくという。

新しいものに出会うか、出会わないかは自分次第だ。

新しいことに出会おうとする意欲があるならば、

世の中はいくらでも新しい出会いやものがあるから。

感動することや、時には涙を流すようなこともあるだろう

けれども、元来生きていくということは不確実性の海を

泳いでいるようなものだから、

それはそれでいいのだろう。

|

« 弱音を吐けないのは男の本能 | トップページ | その人が権威主義かどうか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/39338845

この記事へのトラックバック一覧です: 歳をとると、どうして意欲が無くなるのか:

« 弱音を吐けないのは男の本能 | トップページ | その人が権威主義かどうか »