« サザン桑田佳祐の番組を見た | トップページ | 新幹線で大阪へ »

2011年2月28日 (月)

なりゆきを生きる

僧侶で作家の玄有宗久さんのインタビューを見た。

自分であれこれと予定したり計画した通りに

生きていくということよりも

ひょんなことに身を任せて生きる方が

より大きな人生を生きられるのではないか、

と語っていた。

自分で立てた計画通りに、仮に生きていくことが

できたとしても、

それはどちらかというと、

狭い生き方ではないかと言うのである。

宗久さんが言うには、

ひょんなことを、どう自分の人生に取り込んでいくか、

だそうである。

それは、なりゆきを決然として生きることにも繋がる

のだと言う。

ただやたらになりゆきに任せるというのではなく、

舵を取れる範囲は取るが、

取れないことは、なりゆきに任せる、

という考え方だ。

宗久さんの語るように、

なりゆきを楽しみながら生きる・・・。

なるほど、楽になれる考え方だ。

そう言えば、仏教学者の

ひろさちや氏が、

「どうでもいい、そのまんまでいい」と

語っていたのを思い出した・・。

まあ、あまり生真面目になりすぎても

最近はうつ病になりやすいし・・

ましてや、今のような閉塞感だらけの中では、

こんな姿勢でもいいんじゃないかと思う。

|

« サザン桑田佳祐の番組を見た | トップページ | 新幹線で大阪へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/39052336

この記事へのトラックバック一覧です: なりゆきを生きる:

« サザン桑田佳祐の番組を見た | トップページ | 新幹線で大阪へ »