« テレビ番組で「うなずき力」が紹介されました・・ | トップページ | サザン桑田佳祐の番組を見た »

2011年2月21日 (月)

映画「here after」を見てきました

クリントイーストウッド監督作品の

映画「here after」を見てきた。

題名は良くわからないままだったが、

「来世」という意味であることを知って、

少し驚いた。

もう40年くらい前になるのだろうか、

「夕陽のガンマン」でクリントイーストウッドが

一躍有名になってからというもの、

「荒野の用心棒」シリーズ、

「ダーティハリー」シリーズと、

ドンシーゲル監督とのコンビでヒットを連発してきた。

そんな彼も70歳を超えて、

このような映画を作るようになったのだろうか。

映画は、霊媒師役のマット・ディロンが

臨死体験をした女性と、

兄弟を事故でなくした幼い弟に、

来世?との橋渡しをするというものだ。

臨死体験をした女性が見た「来世」というのは、

立花隆氏が著書の「臨死体験」で書いていたように、

まず、真っ暗な闇のなかにポツンといる・・

すると、向こうのほうから白くて明るい光が

照らしてくる・・

やがて眩しいくらいにまで明るくなってくる・・

すると無くなった人間が語りかけてくるというものだ。

真っ暗な闇の中にしだいに白い光が

広がってくる、という光景は、

立花隆氏が著書で書いているように、

世界中の臨死体験をした人々を取材した中で

この部分は共通していた、という。

また幽体離脱といって、

自分がベッドに横たわっている光景を、

天井のほうから見ていた・・・というのも

臨死体験をした人に共通しているのだそうだ。

いずれも科学的には証明されてはいないものの、

同じ体験をしているというのは興味深い。

クリントイーストウッドも、この体験話を

そのまま使ったのだろう。

このような体験は一度心臓が止まって

みないとわからないことだ。

一体、「来世」はあるのだろうか・・?

|

« テレビ番組で「うなずき力」が紹介されました・・ | トップページ | サザン桑田佳祐の番組を見た »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/38958616

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「here after」を見てきました:

« テレビ番組で「うなずき力」が紹介されました・・ | トップページ | サザン桑田佳祐の番組を見た »