« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

初めてインタビューを受けた日

今日は「うなずき力」の出版社である、

ナナ・コーポレート・コミュニケーションで、

福西社長からインタビューをされてしまいました・・。

出版社の社長様から、

受けることなど、1ヶ月前には

想像すらすることはありませんでした・・。

でも人間、一寸先は何があるかわからない、

ということですね。

約1時間30分、福西社長とおしゃべりを

続けました。

福西社長も話を聞きながら、

うん、うんと良くうなずいてくれました。^^

お蔭さまで初めてのインタビューにも

かかわらず、途中で言葉が詰まるということは、

ありませんでした^^。

福西社長、お気遣いお疲れ様でした^^。

今日は火曜日。

最近、一週間の中で、最も楽しみにしている曜日です^^。

なぜかと言えば、

NHKの「セカンドバージン」があるからです^^。

先週のタイトルは、なんと、

「うずく背中」。

今日のタイトルは、

「愛しているのは私」、

普通でした・・^^

このドラマの中で、深田恭子が、

ちょっと嫌な役をしているのが、

気になりますが・・。

いわゆる昼メロが、

NHKの10時台で放映されている、

ということが画期的ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

新聞広告のコピー

一昨日の読売新聞に

クラブ・ウィルビーhttp://www.club-willbe.jp/ 

の全面広告が掲載されていた。

初めは気づかずに、

広告のコピーを見てなかなか深いコピーだな、

と思って、ずっと下の方を見たところ、

あまり目立つ様子も無く広告主として

載っていたのだった。

気の効いた深いコピーだなと

僕が感じたのは、

「素敵な大人は子どもみたいだ。」

というコピーと、

「友だちが必要なのは、大人だよ。」

というコピーと、

「初体験はまだまだ残っている。」

「人間と言う肩書きで生きようと思う。」

というコピーだった。

僕らの世代は平成バブルを中堅社員として

体験した世代だ。

あの頃は「お金が全て」だった。

あの頃良く言われていたのが、

「六本木で石を投げるとベンツに当たる」

という言葉。

確かに高級車がバンバン売れていた時代だ。

確か日産が「シーマ」を新規市場投入して、

世の中に「シーマ現象」を起こしたのも

あの頃だった。

でも、お金があったとしても

心の隙間は満たされない。

バブルが終わって人々が冷静になると、

やはり幸せはお金だけじゃあないよね、

という想いが広がってきた。

会社人間だった人が路頭に迷うことになった。

誰もが自分の生き方を振り返るようになった。

そして僕も今つくづく思うようになった。

この「コピー」はほんとだなって・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

人は「ある」のではなく、「状態」である・・

生物学者の福岡伸一氏が言っています。

人間は一見固体に見えるが、

じつは細胞レベルでは、

日々、食べたものの分子と

細胞の分子が入れ替わっている、

絶え間なく流れているような存在

なのだそうです。

常に流れている川のなかの、

よどみのようなものなのだそうです。

私たちは「ある」のではなく、

ある「状態」に過ぎないのだそうです。

人の体は約1年で、

身体全体の全ての分子が入れ替わっているそうです。

その意味では、

毎年、新しい身体で生きているわけですね。

すごく不思議な感覚に捉われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

二番目の女・・

今日の「セカンドバージン」のタイトルだ。

中村るい、は

相手にとって、

1番目の女、でなければ

動かない女だ。

それが彼女のプライドでもあるのだろう。

かたや深田恭子演じる妻は、

世間知らずの少々ノータリン女・・・

そんな女に鈴木京香演ずる、

中村るいが負けている状況・・・

そこに彼女は我慢できないのだろう。

一見、いかにもワザとらしいストーリーだ。

脚本家の大石 静氏は、少々ワザとらしく

なったとしても、

自分がワクワクすれば、

それが面白いと考えているのだろうか。

NHKだから、女である自分が、

やりたいようにやってしまえば、

面白いかもしれない、

と思ったのだろうか。

僕が大石 静であれば、

そのように考えるだろう、と

場面を観ながら思った。

中村るいの表情で

少し困惑している表情の時が

今日はとても「情感」が出ていたと

感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オヤジの、オヤジによる、オヤジのための・・・

書籍「うなずき力」が、複数の

オンライン書店にて紹介されています。

その中で、

ちょっと・・・ひっかかった「紹介文」がありました。

これです。http://www.bk1.jp/product/03338421

このオンライン書店での「うなずき力」の

紹介文が、

「 部下の話に「うなずく」だけで、

あなたも今日から“職場の太陽”に!

人の気持ちに共感できる能力「うなずき力」を磨き、

未来を拓くノウハウを伝授する、

オヤジの、オヤジによる、オヤジのための

マニュアル本。」

と紹介されていました・・。

う~ん・・・確かに事実・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「うなずき力」が「週末起業フォーラム」藤井代表のブログで・・・

初めての書籍である「うなずき力」が、

あの「週末起業フォーラム」の

藤井孝一代表の「ブログ」と「メールマガジン」で、

なんと紹介されました!!

これです。


・ブログ: http://www.bbook.jp/ 

・メールマガジン: http://archive.mag2.com/0000022303/20101102100000000.html

この藤井孝一氏の「ビジネス選書&サマリー」は、

藤井氏が読んだビジネス書の中で、

ビジネスマンに推薦できる書籍を、

紹介しているものです。

本日の藤井氏のブログとメールマガジンの中で

「うなずき力」が紹介されました!

ということは、

そこそこ売れるかもしれない・・・

という思いが湧いてきました。

やはり、

出版してくれた「ナナ・コーポレート・コミュニケーション」様の

手前、それなりに売れてくれないと・・・

マズイのです・・・。

そんな中で、

藤井孝一氏のブログとメルマガの

「選書」に取り上げて頂けたということは、

期待が持てるかも・・・、

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »