« 真摯な姿勢が人を救う | トップページ | 「想い」に気づくこと »

2010年9月30日 (木)

人は誰でも共感されたい

人は誰でも自分に「共感」して欲しいと思っています。

なぜでしょうか。

それは例えばマズローの欲求5段階説を

参考にみてみるとわかります。

生理的欲求と安全安定欲求、そして所属愛情欲求は、

人類が生き延びていく上での知恵、種の保存のための欲求です。

肯定欲求と自己実現欲求は、他人とうまくやっていき、

進化していくための高度な欲求と言えるでしょう。

その肯定欲求も二通りあります。

他人からの肯定と自分で行う自己肯定です。

他人から肯定されるように人間はできているので

社会を運営できるわけです。

したがって、肯定の反対の非難や批判等を受けると

悩み苦しむようにプログラムされているわけです。

でも他人からの非難や批判が悪意に満ちたもので

不当な非難等の場合には、

ちゃんと自分自身で自己肯定して、

自分で自分を肯定できるようにもなっています。

ですから、複雑な人間関係の職場などで、

仕事をしていかざるを得ないような中では、

積極的に自分で自己肯定をしていくことが

必要であり、且つ非常に大切であると

言うことができるのです。

ある意味、他人からなんと言われようと、

自己肯定さえできるのであれば、

人は強く生きることができるのです。

コントローラータイプと呼ばれる人は、

この自己肯定能力があるタイプと言えます。

しかし、この自己肯定能力を持つべき人は

サポータータイプの人であるべきです。

サポータータイプは周囲の他人からの

意見や声に敏感に反応してしまうからです。

今の時代、自己肯定していく能力を身につけるべきです。

|

« 真摯な姿勢が人を救う | トップページ | 「想い」に気づくこと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/37008897

この記事へのトラックバック一覧です: 人は誰でも共感されたい:

« 真摯な姿勢が人を救う | トップページ | 「想い」に気づくこと »