« お遍路さん | トップページ | 無神経な上司や同僚からキツイ言葉をかけられたら »

2010年9月 7日 (火)

幸運の女神

「幸運の女神」に導かれて、

自分の本が10月に発刊されることになった。

いまだに信じられない。

もとはと言えば、残間里江子様に、

昨年、背中を押されたことがきっかけだった。

もしそれが無かったら、

おそらく今回の書籍化は

あり得なかった。

人に影響を与える、人を動かす、

ということはすごいことだ。

一人の人間をやる気にしてしまう。

実際、自分の場合も、

残間里江子様に背中を押されたことがきっかけで、

それ以後、約半年間も

原稿を書いたり書き直したりしたわけだ。

一体このエネルギーはどこからきたのか。

半年間もひとつのテーマについて

書き続けるというのは普通に考えてみると、

けっこう大変なことだろう。

人に影響を与える、人を動かす・・・

いい歳をした大人が、たった一言の励ましで

動かされてしまう。

おそらくその瞬間に、

「幸運の女神」が、

「強運」という形で、

背中を押した時に一緒に

授けてくれたのだろう。

そうでなければ、

初めての応募で商業出版が、

叶うはずが無いからだ。

まったく今回は強運の流れの中にいた。

途中で感じたことだが、

「ああ、実力とは別の部分で事が進行している・・」

最後の面接の際にそう感じたのだ。

こういうことはほんとにあるものなんだなあ、と思った。

今回、発刊日が10月16日(金)に決定したことから、

もうキャンセルは無いだろうと考え、

残間様に、本の「あとがき」の中で、

お名前を使用させて頂いても良いかどうかの

許諾についてご相談したところ、なんと、

「喜んで!」

残間様からこの返事が飛び込んできたのだ。

この返事に感動してしまった!

やっぱり「許諾」はなかなか取れるもんじゃあないようなあ・・、

自分のような者に著名なプロデューサーがお名前を

入れてくれるわけが無い、

そんなことをしていたら、それこそあちこちから依頼がきて・・、

自分ではそう考えていたのである。

そう考えていた時に、返事が、

「喜んで!」

じ~んときてしまった・・

書籍化が決まった時と同じくらいにうれしかった・・

自分のような者に、

残間様のような著名なプロデューサーが、

「喜んで!」

自分の本のあとがきの中にお名前を入れてくれるなんて・・

感謝に耐えません。

|

« お遍路さん | トップページ | 無神経な上司や同僚からキツイ言葉をかけられたら »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/36598139

この記事へのトラックバック一覧です: 幸運の女神:

« お遍路さん | トップページ | 無神経な上司や同僚からキツイ言葉をかけられたら »