« ミドルの収入....... | トップページ | 宇宙の始まりに挑む..... »

2010年4月 8日 (木)

モノに執着しなくなった若者.....。

この頃では若者層の価値観が僕の時代とは大きく

様変わりしているようである。

僕の時代では、モノを所有することは憧れであった。

クルマにしてもカバンにしても

手に入れたいと思うモノはあったものだ。

しかし、最近の若い人の間では少し考え方が違ってきているようだ。

モノに執着しない若者が徐々に増えているのだという。

仮に高収入を稼いでいたとしてもモノに執着しないことが、

魅力的な生き方として評価されるようになっているようだ。

僕らの頃は、明らかにモノを所有することで、

自分自身の社会的な地位みたいなものや

信用力みたいなものを高めてきたような気がする.......。

そいういう感覚が、今、若者から変わってきている。

モノを所有する代わりに、モノを賃借するという価値観だ。

賃借するからといって、その者が貧しいとか、

社会的地位が低いという考えは持たないということである。

実際、若い女性の間で「ルイヴィトン」のバックを

購入せずにレンタルで使用する女性が

出てきているらしい。

月々1万円で好きなブランドの最新型バックを

レンタルして持ち歩けるのである。

もちろん、飽きれば別の最新型バックに

変えることが出来るのだという。

元々の発想としては、セレモニー等のイベントで

著名人が身につけている衣装やアクセサリーは、

すべて借り物であることが多いそうで、

それなのに、何故お金のない一般人が

いちいち高額な衣装やバックを買わなければならないの、

という単純な疑問から始まったのだという。

発祥は米国であり、今では若い女性にレンタルサービスが

大人気になっているのだという。

ブランド・バックだけではない。

その波はヨーロッパのカーシェアリングから始まっている。

やがて他の商品へとこの考え方が広がっていくとみられている。

何故、今の若者たちがモノに執着しなくなってきているのかという背景は、

生まれた時からどの家庭にもあらゆる商品、モノが揃っていたことから、

何かが無くて貧しいという感覚を持つことがなく

育ってきたからではないかといわれている。

豊かな時代に生まれ育った者は、

物欲から遠ざかっている......

これは僕らの世代よりも、仏の心境に

近づいてきているということなのだろうか.....。

|

« ミドルの収入....... | トップページ | 宇宙の始まりに挑む..... »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/34132183

この記事へのトラックバック一覧です: モノに執着しなくなった若者.....。:

« ミドルの収入....... | トップページ | 宇宙の始まりに挑む..... »