« モノに執着しなくなった若者.....。 | トップページ | 良好な関係を築くには・・ »

2010年4月12日 (月)

宇宙の始まりに挑む.....

昨日、NHKの「宇宙の始まりに挑む」を見た。

去年ハッブル望遠鏡のレンズを最新型に交換したことで、

前よりも遠くの宇宙が見えるようになったのだという。

なんと新しいハッブル望遠鏡では、

131億年前の星の姿を観察できるのだ。すごい!

宇宙の始まり(ビッグバン)が137億年前であるから、

ビッグバン後、6億年後が見えるということだ!

したがって131億年前の姿というのは、

宇宙が赤ちゃんだった頃の風景が目の前に広がること

なのだという。

銀河は約120億年かけて出来上がるのだという。

したがって銀河を調べれば、宇宙の成り立ちが

わかるのだ.......

途方も無く広い宇宙の1個の小さな星に住んでいる人間が、

壮大な宇宙の始まりの頃を見ることが出来るとは、

奇跡みたいだ。

宇宙の星というのはガスから生まれ、寿命が来ると

再びガスに戻っていくのだそうだ。

気体が固体になって再び気体に戻る.....

人は無から生まれて、また無に帰っていくのであろうか。

それとも輪廻転生するのだろうか....

平安時代に藤原定家が明月記のなかで、

ある日、夜空の1点が輝いたと記してあるという。

科学者によれば、これは星の終わりだったという。

しかもその星は「かに座星雲」のなかの星だと

特定できているからすごいものだ!

番組を見終わった頃には、それまで悩んでいたことが

取るに足りないことに思えた......

|

« モノに執着しなくなった若者.....。 | トップページ | 良好な関係を築くには・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/34191919

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の始まりに挑む.....:

« モノに執着しなくなった若者.....。 | トップページ | 良好な関係を築くには・・ »