« アクセス数、1日で300回突破! | トップページ | 脳細胞を増やすとっておきの方法は恋をすること »

2010年4月 1日 (木)

薬指が長い男は男性ホルモンが豊富で・・

イギリスのケンブリッジ大学によれば、

薬指が長めの男性は、リスクを省みないで行動する性質や、

素早い意思決定、行動能力に優れているという研究結果が

出たそうです。

薬指が長いというのは、母親の胎内にいるときに、

男性ホルモンであるテストステロンに、

どれくらいさらされていたかに関連するそうだ。

薬指が長いほど、胎児のときに多量のテストステロンに

さらされていたということである。

これは一般的に、男性は人差し指よりも薬指のほうが長く、

女性は逆に人差し指のほうが長いということからも

明らかだそうである。

この男性ホルモンであるテストステロンは、

男性的な特徴を際立たせることに影響するという。

すなわち、強い注意力、素早い反応と行動、高い自信度、

リスクを好む性質、攻撃性と迅速な意思決定という特性である。

実際に、テニスやサッカーのような競技性の高いスポーツ選手に

多く見られるという。

つまり人生において「成功」する確立が高い男性ということも

できるだろう。

これからは薬指の長い男性がもてるかもしれない。

ただ、短所?もあるのだという。

それは薬指の長い男は、「セクシーな女性」を目にすると思考能力が著しく低下

するのだという。

まったく、生物の「オス」を地でいっているような「薬指の長い男性」である。

|

« アクセス数、1日で300回突破! | トップページ | 脳細胞を増やすとっておきの方法は恋をすること »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/34029566

この記事へのトラックバック一覧です: 薬指が長い男は男性ホルモンが豊富で・・:

« アクセス数、1日で300回突破! | トップページ | 脳細胞を増やすとっておきの方法は恋をすること »