« 座禅2 | トップページ | アクセス数、1日で300回突破! »

2010年3月30日 (火)

「遠まわりの雨」2、渡辺謙と夏川結衣

恥ずかしいことに、一昨日の日曜日に見たTVドラマ、

山田太一脚本の「遠まわりの雨」が、

未だに後を引いているのだ・・。

ここ15年余り、恋愛ものは見たことが無かったのだが、

なぜ、今回は惹かれたのか・・?

ひとつには配役にあったのではないかと思った。

これまで時代物や社会派作品等でハードボイルドなイメージのある

渡辺謙が、なんと恋愛ものに出るということ。

渡辺謙が、どういう顔でどんな演技をするのか、興味があったことだ。

ふたつめは、共演する女優が「堅実」な「大人」の雰囲気を持つ

夏川結衣であることが非常に大きかったと思う。(僕の中では・・)

他チャンネルではトムクルーズのミッションインポッシブル3を

やっていたのだが・・・、それも見たかったのだが・・・

「遠まわりの雨」を見て、丸二日間も経っているにもかかわらず、

自然に思い出してしまう・・・というのは、

それだけドラマに「惹きつける何か」があったということだろう。

また、サブタイトルも光っていたと思う。

「いまだけ、恋に落ちよう。」

普通は、「いまだけ」はタブーである。

恋は長く長~く続けていくことが誰しもが求めるところのはずだ。

それを敢えて「いまだけ」。

「大人の恋」はそうなのかもしれない。

さすがに山田太一氏である。

ドラマを見ていて、特に惹きつけられたのが夏川結衣であった。

彼女は、元恋人であった渡辺謙の話すことばを、

いつも必ず「肯定」していた。

「そうよね・・・。」

「そう言うと思った・・・」

年齢を重ねてきた「大人」の女の情感を感じた。

桜役が夏川結衣で正解だった。

今回の「遠まわりの雨」は、渡辺謙というよりも、むしろ、

夏川結衣の情感の出し方が、ドラマを深くすることに

関わっていたのだと思う。

「切ない」思いをずっと表面に出さなかった夏川結衣の方が、

私には印象に残った・・。

こんなドラマならば、また見たいと思った。

|

« 座禅2 | トップページ | アクセス数、1日で300回突破! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/34003912

この記事へのトラックバック一覧です: 「遠まわりの雨」2、渡辺謙と夏川結衣:

« 座禅2 | トップページ | アクセス数、1日で300回突破! »