« 遠まわりの雨、渡辺謙と夏川結衣 | トップページ | 「遠まわりの雨」2、渡辺謙と夏川結衣 »

2010年3月28日 (日)

座禅2

そもそも座禅は、なぜ座るのか?

普段、私たちは動き回っているからだそうだ。

そして「我」というのは、

何かを追いかけたり、逃げたりするときにできるもの

なのだ。あれが欲しい、あれが嫌いだと。

世間というのは、周りは「我」だらけだ。

人がいれば「我」があるからだ。

つまり世間の中にいれば「我」でしかいられない

ということである。

それで「我」じゃなくてもいいんだよ、という条件を

作るために身体の動きをすべて止めて、

ただ座ったままでいるということなのだそう。

こうして「我」から発していくおこないを止めるということ

なのだ。

この状態というのは、普通の人間でいる状態、

動ける状態に逆らっていることになる。

つまり人間であることを止める姿勢なわけである。

「我」の成立条件がなくなってくる。

すると、不思議なことに自分が生き生きと感じられてくる

のだそうだ。

自分の周りを殻で閉じ込めている「我」がなくなるからだ。

かと言って、生き生きすることを期待して座禅を組むのではなく、

ただ座るのだそう。

座禅しながら手を出して何かちょうだい、じゃないということだ。

自然にそういう境地になるには本人が工夫していくしかない

のだそうだ。

初めて座禅をしようという人の場合は、

素直でまっさらな気持ちで行なうのが良いそうである。

う~ん・・・、ただの座禅かと思いきや、

けっこう難しいもんなんだなあ・・・

でもやってみたくなってきた。

|

« 遠まわりの雨、渡辺謙と夏川結衣 | トップページ | 「遠まわりの雨」2、渡辺謙と夏川結衣 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/33972789

この記事へのトラックバック一覧です: 座禅2:

« 遠まわりの雨、渡辺謙と夏川結衣 | トップページ | 「遠まわりの雨」2、渡辺謙と夏川結衣 »