« 自分の「圏外」とは | トップページ | 過去と他人は変えられない・・ »

2010年3月18日 (木)

色々な価値観

世の中には様々な「価値観」があると言われています。

本当にそうでしょうか?

現代に生きる私たちは、「経済効率」という価値観しか、

持っていないのではないかと思うときがあります。

もちろん、経済活動は重要です。

社会生活の維持には欠かせないものです。

でも、今日、あまりにも「利益」、「儲け」に傾斜しすぎているのではないでしょうか。

あの「リーマンブラザーズ」の首脳陣、

1回のボーナスが40億円だの50億円だのということでした。

あまりにも現実離れしてしまっていると感じます。

米国では再びこんな額復活してくる兆しがあるようです。

資本主義を選択している以上、

行き過ぎてしまうことは既定路線なのですね。

わたしたち日本人は、不景気だと言っても、

先進国であり、米国に次ぐ生活水準を送っている国でもあります。

これからは、金銭ではない別の価値観を・・

もう少し別の方向向いたら・・・。

ものの本によれば、

21世紀は日本は国家として人口減少に突入しているそうです。

国連の人口問題研究所のシミュレーションによれば、

21世紀末の2099年には、

現在の1億2千万人よりも約5千万人近くも減ってしまうだろうという予測です。

本当になるかどうかはわかりませんが、すごい数字です!

生きていないので様子はわかりません。

国家として世界で最初に人口減少に陥ったのはイギリスだったそうです。

今から約30年前だそうです。

その頃、日本はバブルの階段を一段ずつ登っているときであり、

当然、GDPが悪化したイギリスに対して、

日本人は「イギリス病だ!」と言って、

怠け者のように言っていたのを思い出します。

しかし、さすがイギリス人、産業革命を起こした人種です。

イギリスはこの人口減少を契機として、

経済から文化芸術分野へと大きく舵を切ったと言われています。

そういえば、スローライフとかスローフーズというのは、

イギリスが最初だったと思いますが・・。

では日本もイギリスに習って文化芸術分野へ関心を持つべきなのか。

それは人それぞれだと思います。

「お前はどうなんだ!」

ということであれば、

やっと最近、NHKの「日曜美術館」を通しで見られるようになりました・・・

頑張っても・・・この程度か・・・

|

« 自分の「圏外」とは | トップページ | 過去と他人は変えられない・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/33826948

この記事へのトラックバック一覧です: 色々な価値観:

« 自分の「圏外」とは | トップページ | 過去と他人は変えられない・・ »