« ツイッターを始めてみました・・ | トップページ | 狩猟民族 »

2010年2月 9日 (火)

映画「アバター」を見てきました

話題の「アバター」を見てきました。

160分という長時間ではありましたが、充分見ごたえがあり、

あっという間に過ぎてしまったという感じです。

ところどころに宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」や「生き神様」の

シーンを彷彿されるような場面がありました。

「木の精」が出てくるところや、「巨大野獣」が群れで突進してくる

ところなどです。

アバターそのものは「操り人形」であり、別のところから人間が

脳波で操作するというサイバー空間の物語のようにも

感じました。

このサイバー空間で「遊ぶ」というアイデアは、20年ほど前にも

アーノルドシュワルツエネッガー主演の「トータルリコール」が

ありました。

この映画は原作はアメリカのSF小説が雛形になっていました。

このアバターを見終わって感じたのは、近い将来、こんな

サイバー空間で想像上の世界で遊べるようなエンターテイメントマシーンが

現在のようなゲームセンターにたくさん並ぶんだろうなあということです。

でもこんなゲームはやりすぎると、現実との区別がつかなくなるような

気もしますが・・・

可能になればきっと受けるでしょう。

|

« ツイッターを始めてみました・・ | トップページ | 狩猟民族 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/33312931

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アバター」を見てきました:

« ツイッターを始めてみました・・ | トップページ | 狩猟民族 »