« 悔いの無い人生って? | トップページ | EQが注目されるのは豊かな生活になった証拠 »

2010年1月28日 (木)

バレンタインチョコとサブリーン

新聞を見ていたら、イラクのバスラに住んでいたサブリーンと

いう女の子の話が出ていた。

サブリーンは、11歳で、目の癌によって右目を無くした。

手を尽くしたが、やがて左目も摘出し失明した。

サブリーンが目の癌になった原因は、湾岸戦争でアメリカ軍が

使用した大量の劣化ウラン弾だった。

サブリーンは、両目を無くすまで入院していた病院にある

院内学級で絵を描くのが好きだった。

そのうちサブリーンの容態は悪くなり、ご飯も食べられなく

なっていった。

サブリーンがこん睡状態に入る前に、病院で自分のことを

良くしてくれた医師に今にも消え入りそうな声で話した。

「私は死にます。でも幸せでした。自分の書いた絵

チョコレートに使ってもらい嬉しかった・・」

15歳の少女の最後の言葉だった。

JIM-NETという団体が、このサブリーンが描いた絵を

バレンタインチョコの缶の絵に使ったのだ。

このバレンタインチョコ缶は、売り上げた利益はすべて

イラクの子どもたちの薬代に使われるのだと知って

思わず買ってしまった。

自分がこんな形で募金をするのは生まれて初めてだ。

失明したサブリーンの写真を見ていたら衝動に駆られた。

失明しているにもかかわらず無邪気に笑みをたたえている

少女が写っていた。

なぜ、サブリーンのようなことが起きてしまうのだろうか。

サブリーンが生まれてくるに当たって、彼女自身には

アメリカとイラクの戦争なんてなにも関係なかったはずだ。

なにも関係ない罪の無い子どもが癌を抱えて生まれてくる。

自分にできることはバレンタインチョコ缶を買うことしか

できないと思った。

|

« 悔いの無い人生って? | トップページ | EQが注目されるのは豊かな生活になった証拠 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/33156093

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインチョコとサブリーン:

« 悔いの無い人生って? | トップページ | EQが注目されるのは豊かな生活になった証拠 »