« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月13日 (日)

「立花隆のがんの謎に挑む」を見ました

NHKスペシャルの番組で興味深いタイトルを見つけたので

見てみることにしました。

「タイトル」は、「立花隆が癌の謎に挑む」です。

なぜ興味を引かれたかというと、ご存じのとおり、立花隆氏は

作家でありライターでもあり、その切り口は対象を深く鋭く追及したもの

ばかりであります。

立花隆氏が癌を研究するとなると、おそらくそれまで自分の知らなかった

ことを提示してくれるのではないかという期待から見ることにしました。

90分の特別番組は、小生にとっては「目から鱗」の内容でした。

正直、見終わってから気分が落ち込みました。

それは立花氏が世界中の癌の最新研究を行っている研究者の方々を

訪れ、立花氏がひとつひとつ癌に対する最新時点での事実を理解して

いく様と、その事実が非常に重たい事実であったことに対しての

結果でした。

癌はすでに人類が約40年前から取り組んできた病気であり、

何となく癌撲滅の研究は、かなり進展してきているのだろうと

考えていたからでした。

しかし立花氏の精力的な取材から判明したのはそれとは正反対の

事実でした。

端的にいうと、人類が癌を制圧するためには少なくとも

これから50年から100年間くらいはかかってしまうだろうという

事実でした。

つまり、人類はまだ癌の成り立ちの仕組みにようやくたどり着いた

というレベルにしかないということでした。

癌が容易に制圧できないのは、癌発生の仕組み自体が、

人間の生命の起源につながっているというものだからでした。

研究者から言わせると、人間が癌になるのは避けられないという

ことです。

人間という種が生き延びていくためには子孫を残すことが必要であり、

そのためには子供が産めるようになる期間は、少なくとも死んでは

ならないということが条件です。

そこで人が十分に生殖能力がある期間は、癌も発生率が低くなって

いますが、それは人類の進化のなかで獲得してきた能力であると

いいます。

しかしながら、60年、70年、80年と生きていく中で、すでに子孫を

残した生物としては、人間もほかの動物と同じだとすれば、

長らく生き続けても意味がないわけです。

人間以外の動物は、生殖活動を行うとすぐに死んでしまうものが

多いという事実もあります。

人間はその進化の過程で、少なくとも生殖活動時には死なないように

身体を進化させてきた、しかし生殖を成し遂げた時点で、生命の根源に

かかわる機能を持つ癌細胞の発生を抑えられないということのようです。

立花隆氏は、番組の最後に、この取材を通して癌を知れば知るほど

簡単には癌は制圧できないということが良くわかった、また、この取材を

通して、「生きるとは何なのか、人間とはどういうものなのか」を自分に

問いかける取材であったと述べています。

さらに、立花隆氏は次のように述べています。

「癌を克服する」という言葉の意味は、立花氏自身から言わせると、

癌になってもくよくよとしないで、生きられるまで生活の質を落とさずに

精一杯、生きていくことこそ、癌を克服するということだと思うと

述べていたことが印象的でした。

小生にとっては非常に重たい番組でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールアバウト専門家プロファイルって?

オールアバウト専門家プロファイルについて質問が来ていました。

これは(株)オールアバウトが、各分野における「プロフェッショナル」(専門家)を

(株)オールアバウトのサイトに「紹介」しているというサービスです。

ネットビジネスのひとつと言えます。

オールアバウトは、各分野の専門家を自社サイトに掲載し、

ネットユーザーからその専門家に相談したり、仕事を依頼した場合に、

「手数料収入」がオールアバウトに入るという仕組みです。

ネットではよく見受けられるビジネスモデルといえます。

というより、現在は物販に次いで、このような仕組みのネットビジネスが

多く成り立っていると思います。

レストランの予約を受け付けするサービスや空港駐車場をネットで

予約するサービス、旅行や出張時のホテルを予約するサービスも

それぞれ専門の予約受付サービスが人気となっているのは

ご存じのとおりです。

オールアバウトは、この紹介サービスの仕組みに各分野の専門家を

当てることにしたというだけのことです。

オールアバウトに掲載された専門家は、当然ネットユーザーから

アクセスが多くなりビジネスにつながる可能性も多くなるというわけです。

ギブ&テイクの形態と言えますね。

実は小生もそれなりに期待をしたいと思っております。

来年3月にアップの予定です。

アップされたらご覧いただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

オールアバウト・プロファイル用写真撮影

来年3月から「オールアバウト」の専門家プロファイルに掲載されることと

なったため、本日はプロファイル紹介ページ用の写真撮影があった。

渋谷のオールアバウト本社の中にあるスタジオでの撮影だった。

もちろん、プロのカメラマンによる撮影であり有料だ。

会話中のシーンと立ちポーズのシーンだった。

このような撮影は初めてだったので緊張してしまった。

緊張をほぐすためにオールアバウトの事務局スタッフの方が

会話を助けてくれた。

楽しい会話をしてくれたので非常に助かった。

撮った写真をその場ですぐ見せてくれたが、やはりプロの

カメラマンに撮ってもらった写真は違うなと感じた。

デジカメも最近のものは画質が向上しているから素人でも

写すことができるのだが、プロの場合は撮影機材といって

人工の光を作るからだ。

太陽光に近い光線から、すりガラスを通過した柔らかな光まで

自由自在に被写体に当てることができる。

この光の演出で実際の被写体は、かなり見られるようになると

いうことを経験しました。

もちろん、小さい頃に七五三で写真館で撮ったことはあるが、

小さすぎて忘れてしまった。

雑誌の表紙を飾っているモデルさんたちの撮影では、かなり

時間と工数をかけて撮るのだということをカメラマンさんから

教えてもらいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »