« 進歩しているコミュニケーション・タイプ分け | トップページ | 地域発行雑誌に小説を投稿! »

2009年9月27日 (日)

「007」「ウオンテッド」「ランボー4」3本見ました

この連休中は、どこにも行かなかった。

久しぶりにレンタルショップに行ってきました。

映画は学生時代より大好きです。

しばらく借りていなかったことから、見ていない映画が何本も

ありました。

やはり、アクション系になってしまいました。

借りてきたのは、「007 慰めの報酬」、「ウオンテッド」、「ランボー4」

まったく精神的に進化していないなあと家に着いてから思いました。

でも見てみると非常にワクワクドキドキでした。

3本の中で、最も楽しめたのは、やはりジェームスボンドでした。

主演のダニエル・グレイグは今回で2作目です。

驚いたのは、最初の5分間の間のカーチェイスでした。

最初から目が釘付けになってしまいました。

いきなりグレーの最新型アストンマーチンが、同じく最新型の

アウディに追いかけられて銃で打たれまくるというものです。

しかも両方の最新型高級車は、その5分間でボロボロとなり

全損状態になってしまいました。

あの5分間だけで一体何千万円が吹っ飛んだのでしょうか。

非常に惜しい気がしました。

内容はというと、従来の「007映画」とはガラッと変わっていました。

従来の軟派路線から、一転して硬派へと変化しています。

しかも多分に、「ボーン・アイデンティティ」の映画の影響を

受けていると感じました。

やはり現在では、「ボーン・アイデンティティ」のような硬派路線が

ヒットする時代なのでしょう。

その意味では、昔からの軟派路線の007映画を期待していた方には

すこしハードボイルド過ぎたかもしれません。

ところどころに「ボーン・アイデンティティ」の受けたシーンが

流用されていました。

中でも暗殺者との一騎打ちのシーンがありましたが、

これは「ボーン・アイデンティティ」の方が一枚上手でした。

ボーンでは空手の組み手が見事でした。

一方、007の殺し屋の空手は、いかにも付け焼刃的でした。

少しガッカリでした。

007ほどの映画であれば、少なくとも空手の有段者を起用すべき

でした。この辺は詰めが甘かったです。

「ランボー4」は、ストーリー的に今一つでした。

シーンも残酷すぎる気がしました。

やはり60才を越えての主演は、きつかったのでしょう。

「ランボー5」は無いでしょう。

「ウオンテッド」は意外に楽しめました。

欲を言えば、主人公が少しナンパすぎるように感じました。

またアンジェリーナ・ジョリーが最後に打たれてしまうのは

いただけません。かわいそうです。

ということで、一番楽しめたのが「007」だったというわけです。

|

« 進歩しているコミュニケーション・タイプ分け | トップページ | 地域発行雑誌に小説を投稿! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/31543124

この記事へのトラックバック一覧です: 「007」「ウオンテッド」「ランボー4」3本見ました:

« 進歩しているコミュニケーション・タイプ分け | トップページ | 地域発行雑誌に小説を投稿! »