« 富の追求 | トップページ | 分子生物学で人間とブタと桜を解明すると・・ »

2009年8月25日 (火)

私たち人間の細胞の中には染色体があることはご存知でしょう。

そしてこの染色体は、DNAとたんぱく質で成り立っています。

はるか昔、宇宙に誕生したばかりの地球に宇宙からの塵が

降り注ぎ、その中に含まれていた有機物が生命の起源で

あると言われています。

そしてこの長い年月の進化の歴史がDNAの中に

すべて刻み込まれていると言われています。

これは分子生物学という分野が解明した事実であります。

そしてこの分子生物学によれば、DNAに遺伝子情報を

書き込んでいる遺伝文字と呼ばれる物質は、

わずか4個(アデニン、グアニン、チミン、シトシン)しか

ないそうです。

しかも驚くべきことに、人間のDNAだけでなく、豚のDNAも、

そして植物のサクラのDNAも、その他地球上の全ての

生物のDNAというのは、この4個の遺伝文字だけで

書かれているそうです。

つまり地球上の生物が同じ4個の遺伝文字で書かれていると

いうことは、DNAの書き方の基本がまったく同じということに

なります。

これは地球上の生物は、生命の根源においては同一である

ということの証拠であるということです。

人間になるか、ブタになるか、サクラになるか、鯨になるか、

梅の木になるかは、4個の遺伝文字の「量」と「組合せ」が

違うだけなのだそうです。

私はこのことを知って驚いてしまいました。

すなわち、このことから人間の生命と他の生物の生命との

間には本質的な差は無いということになるからです。

犬にしても猫にしてもカブトムシにしてもホタルにしても

ある意味では、私たちの人間の兄弟と言えるのではないでしょうか。

なんとも不思議な感じです。

|

« 富の追求 | トップページ | 分子生物学で人間とブタと桜を解明すると・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/31103114

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 富の追求 | トップページ | 分子生物学で人間とブタと桜を解明すると・・ »