« 上司の努力が不可欠 | トップページ | 目下を利用して自己重要感を得る »

2008年4月26日 (土)

上から目線と減点主義

今年の新入社員に、「どんな上司が理想か」をアンケートした結果、タレントの

所ジョージさんが第1位になったそうです。

一体、所さんのどこに惹かれたのでしょうか?

少なくともタレントであることから「上から目線」が感じられない、ということが1つの

理由ではないでしょうか。

「上から目線」が皆無で地位や境遇に関係なく、誰にでも常に同じスタンスで接することが

できる、というのは「包容力の差」とも言い換えることができるでしょう。

では、この「包容力」はどこからくるのでしょうか?

それはゼロからの積み上げで他人に接することができるということにあるのでは

ないでしょうか。

他人はこうあるべきだという期待像からの減点主義で見ていればいわゆる

侮蔑や偏見が生まれてきます。

自分自身が特別な存在ではないのに相手を自分で作った物差しで見てしまうというのは

おかしな話ですね。

人としての基本的なスタンスとしては、間違いなくゼロからの積み上げで他人に接していく

ということではないでしょうか。

しかし、若くしてゼロからの評価、加点主義が取れることは稀です。

ある程度、経験を重ね、人生の試練を乗り越えていくことで次第に気が付いてくる

というものでしょう。

部下をコーチングする上司にとって必要な視点とは、このゼロからの積み上げの視点

です。相手を減点主義で評価するのではなく、加点主義で評価していくのです。

いつもニコニコ顔で誰に対しても屈託無く、話しやすい所ジョージさんは、この視点を身に

付けているのでしょう。それを新入社員は直感的に感じたのです。

こうありたいものですね。

|

« 上司の努力が不可欠 | トップページ | 目下を利用して自己重要感を得る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/20591079

この記事へのトラックバック一覧です: 上から目線と減点主義:

« 上司の努力が不可欠 | トップページ | 目下を利用して自己重要感を得る »