« ラテンカルチャー | トップページ | 逆境こそ「自分探し」の好機! »

2007年9月 9日 (日)

「本当の自分」が見つかるということ

最近、「自分探し」が色々なメディアで取り上げられています。

本当の自分は何なのか? 自分が本当にやりたいことは何なのか?

これを自分自身に問いつづけ、新しい場を求めて転職する方もいらっしゃいます。



しかし、「自分自身が見つかる」ということは、現在の居所で満足できること、充実感があること、

やりがいを感じていること、等があるかどうかです。

むやみに職場を変えても、これが感じることができなければ同じです。


「自分自身が見つかる」ということは、今の居所、職場、仕事において自分が

好きなことをしているという実感、「自由さ」と、もうひとつ、

周りから「アクノリッジメント」されているかどうか、ということです。


この「自由さ」と「アクノリッジメント」さえあれば、人はここが自分の「場」であると

感じることができます!


ただし、この一方が欠けていても感じることはできません。

常に両方を「同時」に満たしていることがカギなのです。

|

« ラテンカルチャー | トップページ | 逆境こそ「自分探し」の好機! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/7870887

この記事へのトラックバック一覧です: 「本当の自分」が見つかるということ:

« ラテンカルチャー | トップページ | 逆境こそ「自分探し」の好機! »