« コーチング | トップページ | こんなコーチングは失敗する!! »

2006年12月26日 (火)

言わなあかん。言わなあかんのや!

コーチングの中で最も重要な部分だと考えているのがアクノリッジ、承認ということです。

先日、テレビを見ていて偶然、「承認」を出演者が使っていた場面に出くわしました。
それは笑福亭鶴瓶が日本各地をまわり、ぶっつけ本番で出会った人と家族の話をするという番組です。

ある山深い街を訪れた鶴瓶が1人の男性に会いました。色々話をする中でその男性は別の町から「婿養子」にやってきたのだということがわかりました。
妻の実家は商家ですが、娘ばかり3人だったので長女である男性の妻が婿養子を取ったというわけです。

その男性は「知らない土地に婿養子にくる時には正直かなり迷った・・でも今は子供もできて幸せだ。婿養子にきて良かったと思う。」とポロッと話しました。

鶴瓶はその言葉を聴くなりすぐに「それをを奥さんに言いなはったか?」と聞きます。

すると男性は言ったことはないと答えます。鶴瓶は「言わなあかん、いくら思っていても口で言わなあかん、ほな、今から言いに行きまひょ。」と無理やり婿養子に案内させて男性の自宅に向かいます。

自宅に到着すると状況がわからずただ驚いているおとなしそうな男性の「妻」に、鶴瓶が会うなり「実はな・・」と婿養子にきた「夫」が語ったことを「妻」に話始めました。

なんと「妻」は鶴瓶の話を聞いている途中からボロボロと涙を流し始めたのです。「妻」にとっても今までずっと「そのこと」が気になっていたのです。

「妻」は他人である鶴瓶から自分の「夫」の現在の気持ちを結婚以来初めて知り思わず涙を流したというわけです。

鶴瓶は落語家です。落語家は人の機智に長けていなければ人の心をつかむことはできません。
鶴瓶が「言わなあかん、いくら思っていても口で言わな伝わらんのや。」と語ったのは「妻」を「承認」してあげなさいということだったのです。

|

« コーチング | トップページ | こんなコーチングは失敗する!! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6906/4687595

この記事へのトラックバック一覧です: 言わなあかん。言わなあかんのや!:

« コーチング | トップページ | こんなコーチングは失敗する!! »